2017-04

雑記

「100円節約運動」は結局、国民の生活なんてどうでもいいということですよね。

経済学者の高橋伸彰立命館大教授が自身のツイッターでこう発言したようです。 例えばアベノミクスの政策評価で、この部分はよくないのではないか、このような対案があるのではないのか、という政策の代案をつぶやくことは理解できるのですが、...
タイトルとURLをコピーしました