韓国、バルブ課税問題で日本に敗訴したが国内で精神的勝利する

雑記

 

韓国政府が日本製の高気圧バルブに高関税をかけていた問題で、WTOは韓国政府に高関税を是正するよう韓国政府に求める判決を出しました。

韓国政府が半導体の工場などで使われる日本製の空気圧バルブに高い関税をかけていることについて、WTO=世界貿易機関の2審にあたる上級委員会は、韓国の措置はWTO協定違反だとして、是正を求める最終判断を示しました。1審にあたる小委員会に続き日本の主張が認められた形で、事実上、日本の勝訴が確定しました。韓国政府は、半導体や自動車部品などの生産ラインで使われる日本製の空気圧バルブが不当に安く販売されているとして4年前から最大でおよそ23%の関税をかけています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190911/k10012074951000.html

しかし、韓国の朝鮮日報は、このWTO問題について「韓国が勝訴した」と伝えています。

 世界貿易機関(WTO)が自動車の重要部品の一つである空気圧伝送用バルブを巡る韓日の紛争で韓国の主張を認めた。韓国は今年4月の福島産水産物の輸入禁止を巡る紛争に続き勝利した。WTOの上訴機関は10日(現地時間)、韓国が日本産空気圧バルブに関税をかけた措置について、実質的な争点でWTO協定に違反することが立証されていないと判断した。

Chosun Online | 朝鮮日報
韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語ニュースサイト。朝鮮日報の主要記事をはじめ、社会、国際、北朝鮮、政治、経済、スポーツ、芸能など、韓国の幅広いニュースを速報で届けています。

同じく韓国の中央日報も朝鮮日報と同じタイトルで報じております。

自動車の核心部品の一つである「空気圧伝送用バルブ」をめぐる韓日間の世界貿易機関(WTO)紛争で、韓国が最終的に大部分で勝訴した。韓国産業通商資源部はWTOが10日(現地時間)にこのような内容をまとめたWTO紛争の最終報告書を発表したと11日、明らかにした。これに先立ち、日本は日本製空気圧バルブに対する韓国政府のアンチ・ダンピング措置をWTOに提訴したことがある。

https://japanese.joins.com/article/494/257494.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news

韓国の新聞は、韓国政府が勝訴した根拠を書いていませんが、「大部分で勝利した」と書いています。なぜこのような書き方になるのでしょうか。

日本政府が韓国の反ダンピング課税が不当だとしてWTOに提訴したわけですが、日本側があげた理由の中で9個の内の1つが認められて是正が勧告されたので、日本メディアをはじめとした海外メディアは日本の勝訴と報道していて、韓国メディアは9個の理由の内1つしか認められなかったから韓国が勝訴したと報道している模様です。

しかし、韓国側が関税を是正を求められたわけですから、韓国メディアの「大部分で勝利した」という表現は、いくらなんでも事実を捻じ曲げており、この時期に日本に有利な内容を掲載すると購読者が減るだろうという判断から、「事実上の韓国側の勝利」にしたいという願望がにじみ出ているような気がします。

しかし、自国の民族主義のためにメディアがメディアの機能を果たさないのはまさに本末転倒と言えるでしょう。

……まぁ、日本のメディアもこれと同じ問題と持っていると思いますが……。

コメント

  1. より:

    ばかばかしくてコメントする気にもなりません。

タイトルとURLをコピーしました