いまの日本には日本列島を改造する余裕はあるのか

北海道新幹線の最高速度を140kmから160kmに引き上げることで、東京から函館までの時間を4時間以内に抑えることで、飛行機に乗る乗客を新幹線に呼び戻す計画のようです。

私見を申し上げると最高速度を引き上げたところで函館から東京までで45,000円以上かかる時点で、この計画は破綻していると考えます。さらに、函館から札幌までの特急列車に乗ると合計で60,000円以上かかる計算になります。東京から札幌までを航空機で移動した場合、20,000円を切る航空券もあり、2時間で移動することができるため、利用者が新幹線を利用するメリットは低いでしょう。

まだ札幌ー函館間のが開業しておりませんが、乗客数が増える見込みが立っておりません。

response.jp

さらにJR北海道が普通路線で赤字を拡大する中、北海道新幹線だけで100億円を突破する見込みになっています。なぜ企業が赤字を拡大するような事業を継続するのかというと、整備新幹線という国策が今も継続しているからです。

積極財政のための公共事業という側面があることは理解できますが、新幹線が負債になってしまった場合、経済に暗い影を落とすことになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました